パルクレール最安値

MENU

ニキビの原因

思春期に発症(12〜18歳)することが多いニキビですが、ホルモンの影響を受けて毛嚢・脂腺系の慢性炎症を生じる「尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)」という皮膚の病気です。

 

<思春期におけるニキビの原因>
ホルモンの変動。
とくに男性ホルモンであるアンドロゲンの作用(女性も副腎で産生される)によって皮脂腺の分泌が多くなり、特にTゾーンの皮脂分泌が増えてニキビが出来やすくなります。

 

<大人ニキビの原因>
生活習慣の乱れ、精神的ストレス、睡眠不足、偏った食生活、間食、過剰な喫煙、飲酒、紫外線、シャンプーや洗顔料のすすぎ残し、生理周期の関係など。
女性では月経前、ファンデーションなどの毛穴を詰める化粧品、皮疹に触る、皮膚がこすれるような髪型などの悪化要因もあります。

 

<毛穴が詰まる原因>
新陳代謝の低下や、ホルモンの影響等で肌の表面が硬くなり、毛穴付近のターンオーバーが正常に行われなくなると、毛穴が詰まります。
過剰な刺激により、肌を守ろうとして角質が硬くなり皮脂がつまりやすくなり、ニキビになってしまうことがあります。

 

<ニキビができるしくみ>
男性ホルモンの影響により、皮脂の分泌が盛んになる
  ↓
毛穴の出口の皮膚に異常が起こって、毛穴が詰まる
  ↓
皮脂が毛穴に貯まって、ブツブツができる
  ↓
毛穴に、にきび菌(アクネ菌)が増殖
  ↓
アクネ菌によって毛穴の周りが炎症をおこし、赤く腫れたりする
  ↓
毛穴の組織が破壊される
  ↓
ニキビが治っても、ニキビ跡が残る